受験勉強をしながら音楽を聴いている人がいますが、邪魔になるようです。聞かないほうがいいようです。

私の住む徳島県の受験事情について
ENTRY
私の住む徳島県の受験事情について

受験勉強をしながら音楽を聴かないほうがいい

受験勉強をしながらずっと音楽を聴いていたとか、ラジオを聴いていたとか言う人がいます。中学高校で勉強をしながら深夜ラジオを聞いて、それはいい思い出だと言う人もいます。もちろん気分転換は必要なのですが、専門家によると勉強しながらの音楽はやめたほうがいいそうです。音楽を聴きながらだと、記憶能力が損なわれるのだそうで、特に歌詞付きの曲は記憶の邪魔なのだそうです。音楽を聴きながらやるといい勉強もあります。たとえば漢字を機械的に書き取りするときなど、頭を使わない作業は、音楽と体が連動してリズム良く進むこともあります。また、勉強の前に決まった音楽を聴くようにすると、脳の準備ができやすいそうです。合間などにも好きな曲を聴いたりするとリフレッシュになります。でも、頭を使って問題を解いたり、記憶したりするときは、音楽を消しておきましょう。もちろんラジオもです。

さらに、外が工事でうるさいとき、家庭で小さい弟や妹がうるさいときには、部屋で音楽をかけ、そちらに集中するようにするとストレスが減ります。ただこれは応急処置的なことなので、毎回これでは効率が下がります。何時から聞きたいラジオがあるから、それまでにこれを終わらせようとか、ラジオのこのコーナーが終わったら切って次の科目を勉強しようなど、時間のメリハリにも利用出来ます。ヘッドフォンでずっと音楽を聴きながら数学を解いたり、世界史を暗記したりというのは避けたほうがいいです。

そこで、繰り返し同じ問題を解くという方法を試しました。詳しく述べると、先生などにおすすめされた問題集を一冊だけ購入し、とりあえず、順に全て解いていきます。この時、間違えた問題やわからなかった問題には印を付けておきます。更に、同時に解き方や答えをしっかりと確認し解けるようにします。そして一回通り解き終わったら、2周目に入ります、この時解けなかった問題だけを解いていきます。これを繰り返し、一冊の問題集全ての問題を理解したら、驚く程テスト結果が良くなっています。

お役立ち情報

Copyright (C)2017私の住む徳島県の受験事情について.All rights reserved.